トピックス

お知らせ

お知らせ

2021年04月01日2021年度が始まりました

 2021年度が始まりました。組合の新たな組織体制で運動を展開していきますので、よろしくお願いします。

 また、本日天下り人事がありましたので、『天下り反対』朝ビラを実施ました。

お知らせ

2021年03月15日互助会からのお知らせ

 県職労新聞新年号で実施しました、『新年お年玉クイズ』の対象保養所である「宇奈月保養所 ホテル渓仙」が4月1日より1年間休館されることになりました。

 新年お年玉クイズの保養所利用助成券をお持ちの方で「ホテル渓仙」をご希望されている方は、3月中でのご利用をお考え下さい。また、助成券は共通ですので、4月以降は春日温泉「ゆーとりあ越中」、または雨晴温泉「磯はなび」にてご利用いただけます。

 「ホテル渓仙」をご希望されていた皆さんには大変ご迷惑をかけますが、ご理解をお願いします。

お知らせ

2021年03月12日2021春闘勝利 早朝時間外集会を実施

 本日3月12日、2021春闘勝利 早朝時間外集会を実施した。昨日の春闘回答は私たちの想いを受け取ったものではなく、引き続き協議を行っていく。

 特に、新年度に向けた課題については残された時間が少ないが、組合員の声を当局に届け、改善を求めて行く。

お知らせ

2021年03月11日2021春闘回答提示

 本日3月11日、県当局は組合に対して、2月22日に提出した2021春闘要求に対する回答を提示してきた。内容は、私たちの要求に十分応えるものではなく、引き続き協議を継続していく。

 なお、明日3月12日は回答内容に対する抗議の早朝時間外集会として、実施するものとする。

お知らせ

2021年02月23日2021春闘要求書提出交渉を実施

 2月22日、組合は2021春闘要求書を経営管理部長と手交し、提出交渉を実施しました。IMG_9857.JPG

 組合では、1年の闘争は春闘からと位置づけ、組合の2021重点課題を中心に県当局に労働諸条件の改善を求めています。改めて新知事に対して、地域手当の非支給地への支給、長時間労働是正、勤務時間管理の課題解決など、さらに引き続くコロナ対策で組合員・職員が疲弊しないよう職場実態をしっかり把握し、対応するよう求めました。

 

 詳細は、「 組合員専用ページ」(左側ボタン:オレンジ色) でご確認ください。

お知らせ

2021年02月19日第167回中央委員会・互助会評議員会を開催

 2月18日(木)、組合は第167回中央委員会・互助会評議員会を開催し、2021春闘方針・当面する闘争方針などについて全力でたたかうことを確認しました。

 特に、コロナ禍での2021春闘の大手民間企業の集中回答日の3月9~12日に連動し、3月12日(金)には全国統一行動を配置し、2021春闘の取り組みを強化していきます。

 なお、経営管理部長への要求書提出交渉については、2月22日(月)に予定しています。

お知らせ

2021年01月04日2021年が始まりました

明けましておめでとうございます。

昨年はコロナ感染症で大変な一年でしたが、本年も厳しい状況が続くと思われます。

しかし、このような状況だからこそ、しっかりと労働運動を展開していきたいと考えています。

組合員の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

お知らせ

2020年11月09日本日から2020秋闘員総行動を実施

 本日11月9日から、秋闘総行動を実施します。

 本日は、基本交渉・現業協交渉・職種協交渉(土木・船舶農水・研究職・家保)を行い、賃金・労働条件、職場改善に向け、要求前進を図ります。

 職場・組合員の皆さんには、朝ビラ等で逐次情報を発信していきますので、ご意見があればいつでも連絡を頂ければ有難いです。ご理解とご協力をお願いします。

 

  ◎ 本日の朝ビラ 1109_朝ビラ.pdf

お知らせ

2020年11月06日2020秋闘総行動

 来週、11月9日から2020秋闘総行動となります。

 今年度は、コロナ禍のため全組合員が県庁4階ホールに結集する例年の全組合員総行動を行わず、山場の一週間は前半を交渉を中心に、後半は地区別集会、全職場代表者会議を開催し、要求前進に向け取り組みを進めます。組合員の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 

お知らせ

2020年10月28日人事院勧告が出されました

 本日10月28日に人事院が内閣と国会に本年の月例給の勧告を行いました。月例給は、官民較差が僅かだったため据え置き勧告でした。

 また、一時金については、10月7日に先行で出され、内容はマイナス0.05月とするものでした。

 これで、本年の人事院の勧告・報告が出されたことになり、今後は、臨時国会での閣議決定・給与法改正を注視していかなければなりません。

 

  給与勧告の仕組みと本年の勧告のポイント(人事院資料).pdf

このページのトップへ